東京・銀座8丁目 大きな窓から外光が入る明るい展示場をもつ大型画廊

東京銀座のレンタルギャラリー 銀座アートホール
facebook twitter mail
ブログ

第36回 筆襌會展 禅者の一行書展併催

2020年1月21日(火)~1月26日(日) 11:00~18:30 最終日は16:00まで

ごあいさつ

     筆禅会展として、「書とは何か?」と問い続けて、三十六回を重ねます。銀座アートホールをお借りするのは、去年に引き続き三回目となります。〝筆禅〟と称するのは、敢えて世間流行の書の展覧会とは、根本を異にするからです。

     故寺山旦中先生は、「筆禅道とは、筆で禅を行ずることである。禅と云っても、当たり前の人間生活を離れてはない。それには自己の当面した、いま、ここになり切ることが第一である。なり切るとは、ちょうどコマがフル回転して、あたかも静止しているがごとき状態で、そこを無心という。そんな状態を続けること(正念相続)が大事で、そこによくよくの工夫と努力が必要だ。それを主に書を通して自覚的に行うのが、筆禅道である。」と。

    拙い作品ですが、その教えを遵守して、書を観られた方が、元気に、或いは安心するといった展覧会を目指して、精進しております。お出かけの折は、是非ご清鑑いただければ幸甚です。

合掌。頓首。

2019年12月 筆禅会 会長 横田貫厚

併せて、昨年の『高橋泥舟展』好評につき、本年は『禅門の一行書展』を併催致します。禅的境涯の機鋒を観ていただければと思います。                                      

作品・展覧会の様子

銀座アートホール

〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目
110 番地高速道路ビル
(銀座コリドー街)

営業時間:11:00〜18:30

笠原グループ司株式会社
03-3571-5170
メールでのお問い合わせ