東京・銀座8丁目 大きな窓から外光が入る明るい展示場をもつ大型画廊

銀座アートホール
facebook twitter mail
ブログ

小口益一遺作展

2010年12月6日~12月12日(11:00~18:30 初日は13:00から 最終日16:00まで)

  • 「埋もれたかたち」 クレープリント

ご挨拶

 昨年12月1日に91歳で他界した小口益一の遺作展を、作家集団「実在派」ゆかりの銀座アートホールのご厚意により開催させていただきます。
 小口は1955年に立体版画の技法を開発し、クレープリントとして数々の賞を受賞し、木版主流の版画界に新風を吹き込みました。独創的な技法によって版画という表現方法の限界に挑み、50年以上にわたって創作活動を続けてきました。
 その足跡を60点あまりの作品でたどる遺作展に、ぜひお越し下さい。

長女 石川和子

略 歴

1918年 大阪市に生まれる
1955年 新しい転写の版画を創案
1957年 長野県信州美術会賞受賞
東京国際版画ビエンナーレ展入選
1960年 シェル美術賞受賞
1962年 日本実在派創設に参加
1970年 日動版画グランプリ展入選 71年 同展入選  72年 同展受賞
1994年 クラコフ(ポーランド)‘94国際版画トリエンナーレ展入選
1997年 「もう一つの版画体系展」ギャラリー・スペース・21
[1997 紙の版画展 1998 石の版画展 1999 布の版画展]
2004年 富士見市ゆかりの作家展Vol.3「小口益一の世界」 きらり☆ふじみ
2008年 東邦画廊 最後の個展
2009年 12月1日 妻(恒子)のあとを追うようにして同日永眠(享年91歳)

作品・展覧会の様子

  • 【小口益一先生の作品】「石の記憶」クレープリント
  • 【小口益一先生の作品】「赤い人」 クレープリント
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様

銀座アートホール

〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目
110 番地高速道路ビル
(銀座コリドー街)

営業時間:11:00〜18:30

笠原グループ司株式会社
03-3571-5170
メールでのお問い合わせ