東京・銀座8丁目 大きな窓から外光が入る明るい展示場をもつ大型画廊

銀座アートホール
facebook twitter mail
ブログ

田賀亮三 遺作展

2009年1月19日(月)~25日(日)(11:00~18:30) ※最終日は16:00終了

  • 空中庭園入門

ごあいさつ

 10月1日に亮三が他界しました。脳出血で倒れてから18年近く、その後遺症で物事が理解できない状態で、だから精神的な苦しみを感じることがなくて生き続けることが出来たのかもしれません。今 長い闘病生活から解放され、ほっとしているのだろうと思うことにしています。密葬は身内で済ませましたが、この度 友人有志の方々のご尽力で遺作展と偲ぶ会ができることになりま した。
 お出かけくださり、元気だった頃の亮三を思い出して頂ければ嬉しく存じます。

田賀テイ

略歴

1930年3月25日
東京都渋谷区代々木西原に生まれる

1941年
富山県高岡市下関小学校卒

1945年
金沢二中卒

1946年
金沢美術工芸専門学校漆工科入学のち洋画科に転科

1952年
同上卒業、研究科一年座籍

1953年
研究科終了

1957年
アテネフランセ卒業
東京日仏学院勤務(秘書、教師)’72まで

1959年
自由美術展初出品以後1990年まで毎年出品

1961年
個展(東京 櫟画廊)

1962年
自由美術協会会員

1963年
個展(東京 おぎくぼ画廊企画)

1964年
パリ国立高等美術学校へ、フランス政府給費留学生として留学
(シャプラン・ミディ教室)

1965年
パリ大学都市各国留学生コンクールで第二席受賞、同年帰国

1970年
自由美術賞受賞

1971年
受賞作家選抜50人展(東京 吉井画廊・松坂屋)
文化庁現代美術選抜展要請

1973年
日本アンデパンダン展出品(’76年まで)

1974年
個展(東京 藤好画廊企画)

1975年
個展(東京 日本画廊企画)
以後、’76年、’79年、’81年、’83年、’85年、’87年、’89年、
その間グループ展数回(日本画廊)

1977・81年
個展(東京 愛宕山画廊企画)

1983年
個展-水彩-(東京 たけいし画廊企画)

1984年
個展-水彩-(東京 ギャラリーOlive)
以後’93年まで殆ど毎年

作品・展覧会の様子

下の画像をクリックすると、その下に大きく表示されます。

  • 作品から
  • 作品から
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様
  • 展覧会の模様

銀座アートホール

〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目
110 番地高速道路ビル
(銀座コリドー街)

営業時間:11:00〜18:30

笠原グループ司株式会社
03-3571-5170
メールでのお問い合わせ