東京・銀座8丁目 大きな窓から外光が入る明るい展示場をもつ大型画廊

   東京銀座のレンタルギャラリー 銀座アートホール
facebook twitter mail
ブログ

一木平蔵展 ─91年の画業─

2018年12月24日(月)~12月28日(金) 11:00~18:30 初日は16:00より 最終日は16:00まで

  • 「投げられた風景」2001年

 1982年 北九州美術館でそれまでの画業を回顧する「一木平蔵」展 が開催された。同展図録には50年代から 自由美術協会に注目してきた 評論家 針生一郎 が寄稿し、 50年代の半抽象的風景画から海外経験を経て、明るく単純化された 色調と流動的形体による風景画へと展開した一木の作風を振り返り、戦後日本の目まぐるしく芸術概念や様式が変化した中 にあって「足もとの一点に立ち止まっているように見えて、歩一歩粘り強く深化と展開をしてきた作家たち」の一人として一木を評価している。
 初期から眼前の物が時の流れの中で変遷していくこと、現代文明によって自然が奴隷化していることを表現する作品を描いたが、欧州中東旅行以後、色調が明るくなり、伸びやかな抽象的フォルムによる作風へと展開した。

(日本美術年鑑 抜粋)

作品・展覧会の様子

  • 青年像 F6 1956年
  • 犬 F30 1989年
  • わすれ去った風景 F25 1990年
  • 風景の跡 F120 1995年

銀座アートホール

〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目
110 番地高速道路ビル
(銀座コリドー街)

営業時間:11:00〜18:30

笠原グループ司株式会社
03-3571-5170
メールでのお問い合わせ